子供の習い事としてそろばんが効果的過ぎる理由

中学受験にそろばんは必要か?

そろばんを中学受験のために習う大きなメリットを紹介しています。

 

中学受験にかなり効果的!

そろばんが絶対に必要というわけではありませんが、中学受験での計算にはそろばんで身に付けた暗算能力は間違いなく役に立ちます。

 

四則演算なら電卓以上のスピードで答えをはじきだせるようになります。

 

計算力だけでなく集中力も高まります。

 

自分との戦いの受験勉強や試験で力を発揮するには集中力は必要不可欠です。

 

そろばんをやるなら大会とか競技にも積極的に参加できるといいですよね。本番での勝負強さといったものは小学生では中々鍛える機会がありませんから・・・。

 

フラッシュ演算や読み上げ算を授業科目に加えているような教室なら、受験に必要な記憶力を養うこともできると思います。

 

そろばんは精度を高める訓練でもあるので、注意力が高まり凡ミスをめったにしなくなります。

 

公文とそろばんどっちがいい?

ただ集中力=そろばん一辺倒にしてしまうのはどうかと思います。受験においては問題を素早く読み理解する速読術も同じくらい重要です。

 

両方できて両方会得できたら本当は一番良いです。公文ではどんどこ先のことを勉強するので中学に入学してからかなり役に立ちます。

 

それぞれに良さがあるので、本人がやりたい方をやらせればいいと思います。そろばんは好きだけど公文は嫌だという子もいます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

大人になってからも習得できるの?
そろばんの効果とかメリットを聞くと、「自分もやってみたかった〜」と思いますよね。でももう自分は良い大人だし・・・と諦めていませんか?実はそろばんは大人からでも十分習得可能なのです。
何歳から通わせるべき?
そろばんを習わせるメリットについてはわかったけど、どれくらいの年齢から通わせるべきなのだろうか?という疑問に思う方が多いようなのでアドバイスさせていただきます。
中学生からそろばんは遅い?
中学からそろばんを習い始めたい、という声もちらほら聞きます。でも時期的に遅くない?と不安に思う声もあるようですね。
小学生の習い事としてそろばんは最高である
小学生のお子さんにそろばんを習わせる場合の進級速度や、何年生から習わせた方が良いのかということに関してアドバイスしています。
幼稚園児から習わせるのは早すぎる?
幼稚園児のお子さんをお持ちの方に子供の将来、小学生にあがることを考えてなにか習い事を、と考えている方も多いでしょう。ここで候補にあがることが少なくないのがそろばんです。ですがそろばんを幼稚園からって早すぎるかな・・・?と不安に思う部分もあるようですね。
発達障害の子にそろばんは無理?
発達障害や視覚障害など、なんらかの障害を持っているお子さんの親御さんによく聞かれる質問ですね。