子供の習い事としてそろばんが効果的過ぎる理由

そろばんで思考力を鍛えることができる

思考力は社会で生きていく上で重要であり、鍛えることができればかなりの武器になることは間違いないのですが、習い事のそろばんでその思考力が鍛えられるものなのでしょうか。

 

思考力ってそもそも何?

思考力というのは自分で考える能力のことです。いわばものごとを判断し自分の体を動かすための司令塔ですね。

 

思考力を鍛えるには脳の前頭前野を活性化させる必要があります。

 

人間はこの前頭前野が大きく発達している唯一の動物ですが、同じ人間でも生まれもったもの、育ってきた環境によって差はでてきます。

 

そろばんで思考力が鍛えられる?

一応そろばんで主に使うのは論理的に考える左脳よりは右脳なので、直接的に思考力向上に結び付くかといわれれば微妙な所ですが、脳は基本的になまけものであり、できるだけ楽をしたいと思います。テレビをしたりゲームをしたりなどがそれにあたります。

 

こういったことは脳を休めるリラックス効果やストレス解消には良いですが、やりすぎは脳の活性化を妨げてしまいます。

 

そろばんは瞬時の判断力の連続です。集中しなければどうにもならないので脳の面倒くさいという気持ちを封印してくれます。

 

なので間接的にではありますが、思考力にプラスの効果があることは確かです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

計算が早くなる?
そろばんをやっている子供は計算力が身に着きます。そろばんでは数多くの問題を間違えることなく回答する能力が求められるので、精度もたかくなります。
記憶力が訓練できる?
そろばんを1年も2年も続けていれば記憶力が鍛えられて何かと日常で役に立ったり、テストで高得点に繋がったりします。
集中力を高めることができる?
そろばんを続けていると集中力を養うことができます。社会にでて何かを達成する上では必要不可欠な集中力は幼いころどんな経験をしてきたかによって決まります。
教育効果について 次々に導入される?
電卓の台頭で年月と共に廃れて行ったそろばんの教育ですが、2000年に入って再びそろばんの効能が注目され、教育課程に導入する小学校もあります。
そろばんはボケ防止に効果があるのか
そろばんは単に計算力や集中力がつくというだけではありません。人間にとって一番大切な「脳」にとても良い刺激になり、ボケ防止に効果的です。
脳科学的な観点からみた「そろばん」の利点
脳科学者の観点から見てもそろばんというのは脳の発達に大変有効で、子供の頃に習わせたい習い事として上位にランクインするみたいです。
そろばんで右脳を活性化!
そろばんは芸術性を鍛えたり、創造力を養ったりするのに使う右脳の発達に非常に効果を発揮します。
そろばん脳とピアノ脳の違い
そろばんとピアノはとても人気の高い習い事ですよね。バイキングで放送していた子供に習わせたい習い事ランキングでもピアノが一位、そろばんが五位になっています。
そろばん脳トレとは/脳活性化で認知症予防に
近年物忘れや認知症の防止にそろばんを習い始める中高年の人が増えているようです。