子供の習い事としてそろばんが効果的過ぎる理由

そろばん脳とピアノ脳の違い

そろばんとピアノはとても人気の高い習い事ですよね。バイキングで放送していた子供に習わせたい習い事ランキングでもピアノが一位、そろばんが五位になっています。

 

ピアノとそろばんの比較

そろばんとピアノそれぞれどのような利点があるのかまとめてみました。

 

ピアノの利点

▼両手を使う複雑な指使いが求められるため、脳の発達に大きく貢献する。(指にはたくさんの神経が通っているため)

 

▼テレビ番組の「バイキング」にて脳科学者が選ぶ子供に12歳までに通わせたい習い事で堂々の第一位になる。

 

▼ピアノを長期的に続けていると小脳が大きくなり運動機能や知的機能の向上に大きく貢献する。

 

▼週に1回のレッスンでも十分に効果が期待できる。

 

▼大人でも効果が見込める

 

そろばんの利点

▼指をつかって計算をすることにより右脳が鍛えられる。

 

▼集中力や記憶力が上昇する。

 

▼頭の回転が速くなる。

 

▼暗算が得意になる。

 

▼フラッシュ暗算ができるようになる。

 

▼日常で計算する機会が多いとかなり役に立つ

 

ピアノに関してもそろばんに関しても、10歳以下で習わせておくのが最も効果が高いみたいですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

思考力を鍛えることができる
思考力は社会で生きていく上で重要であり、鍛えることができればかなりの武器になることは間違いないのですが、習い事のそろばんでその思考力が鍛えられるものなのでしょうか。
計算が早くなる?
そろばんをやっている子供は計算力が身に着きます。そろばんでは数多くの問題を間違えることなく回答する能力が求められるので、精度もたかくなります。
記憶力が訓練できる?
そろばんを1年も2年も続けていれば記憶力が鍛えられて何かと日常で役に立ったり、テストで高得点に繋がったりします。
集中力を高めることができる?
そろばんを続けていると集中力を養うことができます。社会にでて何かを達成する上では必要不可欠な集中力は幼いころどんな経験をしてきたかによって決まります。
教育効果について 次々に導入される?
電卓の台頭で年月と共に廃れて行ったそろばんの教育ですが、2000年に入って再びそろばんの効能が注目され、教育課程に導入する小学校もあります。
そろばんはボケ防止に効果があるのか
そろばんは単に計算力や集中力がつくというだけではありません。人間にとって一番大切な「脳」にとても良い刺激になり、ボケ防止に効果的です。
脳科学的な観点からみた「そろばん」の利点
脳科学者の観点から見てもそろばんというのは脳の発達に大変有効で、子供の頃に習わせたい習い事として上位にランクインするみたいです。
そろばんで右脳を活性化!
そろばんは芸術性を鍛えたり、創造力を養ったりするのに使う右脳の発達に非常に効果を発揮します。
そろばん脳トレとは/脳活性化で認知症予防に
近年物忘れや認知症の防止にそろばんを習い始める中高年の人が増えているようです。