子供の習い事としてそろばんが効果的過ぎる理由

そろばんで右脳を活性化!

そろばんは芸術性を鍛えたり、創造力を養ったりするのに使う右脳の発達に非常に効果を発揮します。

 

そろばんで使うのは右脳?左脳?

そろばんは右脳を活性化させることが最近の研究ではわかっています。

 

右脳というのは絵を書いたり文字を書いたり、何かクリエイティブなことをする時に必要とされる脳のことです。右脳・左脳とありますよね。

 

計算というのは普通左脳しか使いませんが、そろばんでは、そろばんを指ではじいたり、暗算の際に頭の中にそろばんをイメージしたりするのに右脳を使います。

 

右脳というのは普通に日常生活を送っていては鍛えるのがとても難しいですので、そろばんは右脳を鍛えることができる数少ない手段の一つです。

 

その他右脳のトレーニング方法

▼小説を読む
絵がない小説を読むというのは右脳を活性化させるのに非常に有効な手段です。最近の若い人は小説より漫画だと思いますが、漫画は絵で状況が完全にわかってしまうので想像の余地がありません。小説だと自分でシーンや情景をイメージしなければならないので右脳を鍛えることができます。

 

▼スポーツをする
スイミングやサッカーなどのスポーツは右脳の活性化に非常に効果的だといいます。スイミングだと息継ぎをするタイミングや効率のいい推進力の生み方など自分で考えなくてはいけなかったりするので意外と頭を使うんですよ。

 

▼模写をする
絵を描くというのは右脳の活性化方法として非常に効果的です。絵が好きな人は絵を描くことで左脳を休息させることができ、リラックス効果が見込めます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

思考力を鍛えることができる
思考力は社会で生きていく上で重要であり、鍛えることができればかなりの武器になることは間違いないのですが、習い事のそろばんでその思考力が鍛えられるものなのでしょうか。
計算が早くなる?
そろばんをやっている子供は計算力が身に着きます。そろばんでは数多くの問題を間違えることなく回答する能力が求められるので、精度もたかくなります。
記憶力が訓練できる?
そろばんを1年も2年も続けていれば記憶力が鍛えられて何かと日常で役に立ったり、テストで高得点に繋がったりします。
集中力を高めることができる?
そろばんを続けていると集中力を養うことができます。社会にでて何かを達成する上では必要不可欠な集中力は幼いころどんな経験をしてきたかによって決まります。
教育効果について 次々に導入される?
電卓の台頭で年月と共に廃れて行ったそろばんの教育ですが、2000年に入って再びそろばんの効能が注目され、教育課程に導入する小学校もあります。
そろばんはボケ防止に効果があるのか
そろばんは単に計算力や集中力がつくというだけではありません。人間にとって一番大切な「脳」にとても良い刺激になり、ボケ防止に効果的です。
脳科学的な観点からみた「そろばん」の利点
脳科学者の観点から見てもそろばんというのは脳の発達に大変有効で、子供の頃に習わせたい習い事として上位にランクインするみたいです。
そろばん脳とピアノ脳の違い
そろばんとピアノはとても人気の高い習い事ですよね。バイキングで放送していた子供に習わせたい習い事ランキングでもピアノが一位、そろばんが五位になっています。
そろばん脳トレとは/脳活性化で認知症予防に
近年物忘れや認知症の防止にそろばんを習い始める中高年の人が増えているようです。