子供の習い事としてそろばんが効果的過ぎる理由

そろばんと筆算の比較

そろばんを習うと筆算とか文章問題が苦手になってしまうのでは?と不安がる声をたまに聞くのでお答えしておきます。

 

筆算と比較した場合のそろばんの特徴・利点

筆算を使った計算では1の位から計算するのが普通ですよね。一応どちらから計算したとしてもできることはできるのですが、上位の桁は下位の桁を計算しなければ確定しないですよね。

 

それに対してそろばんというのは上の位から計算するのがベターだといえます。上位の弾を追加していくやり方なので、124だったら「ひゃくにじゅうよん」と実際に言葉に出して玉をはじいていくことになるので上位からやるのが一般的なんですね。

 

ですが一桁ずつ計算するやり方は筆算もそろばんも同じです。

 

あと大きなメリットとして筆算と言うのは、間違えて書いた数字はいちいち消しゴムで消さなければいけませんが、そろばんは玉を動かすだけで済みますね。

 

そろばんと筆算が混乱する場合の対処法

なので上記の理由で筆算になれた人がそろばんをやる時は結構とまどうようです。

 

ただ逆にそろばんをやっていて筆算ができなくなるということはないので安心してください。

 

ただそろばんを算数と思って学校の算数の勉強に手を抜いてしまうようでは確かに混乱する可能性はあります。

<スポンサーリンク>

関連ページ

「そろばん」を習わせるメリット
子供に習わせる習い事として定番になっているそろばんですが、子供にそろばんを習わせるメリットとは何なのでしょうか。
進級速度について
「そろばんに通わせたいけど進級の進度について気になる」という意見をちらほら聞くので私の経験からアドバイスさせていただきます。
辞めたいという子に無理やり続けさせるべきか
いくらそろばんが効果がある、将来の為になるといっても子供に自分の将来の為になるから理解しろと言うのは少々厳しい要求です。良かれと思って通わせても子供が苦痛に感じて辞めたがる場合もあります。
教室の月謝ってどのくらい?
そろばん教室に通わせたいけどうちあまり裕福じゃないし・・・という方が気になるのはやはりかかる費用、月謝などのことですよね。
子供に習わせるならそろばん?それとも書道?
そろばんと書道、どちらも人気の習い事ではありますが、実際どちらのほうが子供の為になるのでしょうか。ネットにも色々意見があったのでまとめてみました。